ホウガク セミナー
法学セミナー

巻次年月次 65(11) / 2020.11
ISSN 04393295

 特集記事

  • 法学者の本棚 別れと向き合うためにふたりは手紙を書く[錦繡 宮本輝著] / 本山 敦 / p.1
  • #ゼミを語ろう 流通経済大学法学部 隅谷史人ゼミ(商法) 積極的に他流試合に挑戦! / / p.2〜3
  • 倒産法とは何か : 足らざるを憂うのか、等しからざるを憂うのか / 山本 和彦 / p.4〜9
  • 経済危機と倒産処理 : コロナショックから事業再生へ / 杉本 和士 / p.10〜15
  • ソロバンを持つ正義の女神 : 破産手続閑話 / 小原 将照 / p.16〜21
  • 話し合ってたたむ特別清算 : ワニは死して皮を留め、会社は死して名を残す / 玉井 裕貴 / p.22〜27
  • 民事再生手続と事業再生 / 杉本 純子 / p.28〜34
  • 倒産しても存続できる会社更生 : 大規模株式会社の再起の手法 / 倉部 真由美 / p.35〜42
  • 香川県ネット・ゲーム依存症対策条例が動き出す時 / 安原 陽平 / p.44〜49
  • 旧優生保護法による強制不妊手術と被害者救済 : 国際人権法の観点から / 申 惠丰 / p.50〜55
  • 新型コロナと法(第5回)「新型コロナウイルス禍」の福祉国家 : 憲法研究者からみた「新型コロナと法」 / 尾形 健 / p.56〜61
  • 新型コロナと法(第6回)コロナ禍と学校教育 / 堀口 悟郎 / p.62〜67
  • 情報法ナビゲーション(第8回)インターネット上の情報流通に関与する者の著作権侵害責任 / 前田 健 / p.68〜74
  • 初歩からはじめる物権法(第8回)抵当権(1) / 山野目 章夫 / p.75〜80
  • 紛争類型で学ぶ民法演習(第8回)表見代理制度を通じた取引の相手方の保護(基礎編) : 白紙委任状が交付された紛争類型と109条1項・110条 / 千葉 惠美子 / p.81〜88
  • 債権法講義[各論](第45回)第3部 法定債権(債務)関係 第1章 事務管理 / 河上 正二 / p.89〜99
  • やさしい会社法(第20回)ヤスダ、金は欲しいが口出しはされたくない : 株式の経済的特徴、種類株式 / 舩津 浩司 / p.100〜107
  • 現代刑法の理論と実務[各論](第14回)偽造 : 「公共の信用」に対する罪 / 松宮 孝明 / p.108〜114
  • 応用刑法Ⅱ[各論](第29講)横領罪における不法領得の意思 / 大塚 裕史 / p.115〜123
  • 刑事学の方法と課題(第19回)刑事司法をシステムとして考える / 稻谷 龍彦 / p.124〜129
  • 最新裁判例研究 民法 強制執行に要した費用と不法行為に基づく損害賠償請求[最高裁令2.4.7判決] / 茂木 明奈 / p.130
  • 最新裁判例研究 商法(会社法) 弁護士による議決権代理行使[札幌地裁平31.1.31判決] / 高田 晴仁 / p.131
  • 最新裁判例研究 民事訴訟法 不利益陳述援用の却下と判断遺脱[最高裁令元.11.7判決] / 上田 竹志 / p.132
  • 最新裁判例研究 刑事訴訟法 現行犯逮捕に伴う被疑者の着衣等に対する捜索の適法性[東京地裁令2.2.28決定] / 滝谷 英幸 / p.133
  • LIBRARY 書評 刑訴法を一挙に理解する決定版 : この手があったか 野心作![『基本刑事訴訟法Ⅰ 手続理解編』吉開多一・緑大輔・設楽あづさ・國井恒志著] / 水野 智幸 / p.134〜135