このページのリンク

<電子ブック>
ホウシャセン ヒバク ノ レキシ : アメリカ ゲンバク カイハツ カラ フクシマ ゲンパツ ジコ マデ
放射線被曝の歴史 : アメリカ原爆開発から福島原発事故まで / 中川保雄著

増補
出版者 東京 : 明石書店
出版年 2011.10
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース
著者標目 *中川, 保雄(1943-1991) <ナカガワ, ヤスオ>
件 名 BSH:放射線障害
BSH:放射線防護
NDLSH:放射線
一般注記 旧版 (技術と人間 1991年刊) に加筆・修正したもの
参考文献: 巻末pi-xi
アクセス:WWWによる
原子力の時代が始まってから、放射線被曝の危険性はどのように考えられてきたのであろうか。従来の説明とは全く異なる視点と証拠から明らかにするのが本書の大きな目的である。本書は、1991年に技術と人間より刊行された「放射線被曝の歴史」に、加筆・修正を加え増補版として刊行するものです。
放射線被曝防護の基準はどのようにつくられてきたのか----。著者は、米国で発掘した膨大な資料を読み解き、「防護基準は核・原子力開発のために被曝を強制する側がそれを強制される側に、被曝はやむをえないもので、我慢して受忍すべきものと思わせるために、科学的な装いをこらしてつくった社会的基準」と喝破する。1991年に刊行された旧版に、福島原発事故の評価を加えて待望の復刊。

所蔵情報を非表示

電子ブック オンライン : electronic bk
Medical Online EBooks

電子リソース
EB00173287

書誌詳細を非表示

データ種別 電子ブック
別書名 異なりアクセスタイトル:増補放射線被曝の歴史
分 類 NDC8:539.68
NDC9:539.68
NDC9:498.4
書誌ID 4000033559

 類似資料