このページのリンク

<図書>
ジャーナリズムノ シソウ
ジャーナリズムの思想 / 鶴見俊輔 編集・解説
(現代日本思想大系 ; 12)

出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 1965.6
大きさ 388p ; 20cm
著者標目 鶴見, 俊輔(1922-) <ツルミ, シュンスケ >
件 名 ジャーナリズム
内容注記 解説ジャーナリズムの思想(鶴見俊輔) 万延元年,真善美にて文化創造(三宅雪嶺) 自伝(浜田彦蔵) 新聞実歴談,呉淞日記(岸田吟香) 新聞紙実歴(福地桜痴) 憲法発布と日清戦争,ガリヴァ巡島記補遺(生方敏郎) 余が新聞に志した動機(黒岩涙香) 私の半生(野間清治) 「無思想人」宣言(大宅壮一) 告白(大熊信行) 新聞製作者とその人生観(馬場恒吾) 新聞記者を憎むの記(水上滝太郎) 流言蜚語の社会性(清水幾太郎) 新聞現象の分析(戸坂潤) 記録映画論(今村太平) ラジオ文化の根本問題(長谷川如是閑) 『他山の石』抄,関東防空大演習を嗤う(桐生悠々) 『近きより』抄(正木ひろし) さらに深く集団の意味を(谷川雁) “終焉”以後(吉本隆明) 雪と足と,『たいまつ』抄(むの・たけじ) 著者略歴・著作・参考文献,ジャーナリズムの思想関係略年表:p373-388

所蔵情報を非表示

3F 図書
108//G34//12




1000074692

書誌詳細を非表示

データ種別 図書
分 類 NDC:121.6
NDC:070
書誌ID 1000076447

 類似資料