このページのリンク

<電子ブック>
カガイシャ ト ヒガイシャ ノ トラウマ : PTSD リロン ワ タダシイカ
加害者と被害者の"トラウマ" : PTSD理論は正しいか / 笠原敏雄著

出版者 東京 : 国書刊行会
出版年 2011.9
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース
著者標目 笠原, 敏雄(1947-) <カサハラ, トシオ>
件 名 BSH:心的外傷後ストレス障害
BSH:トラウマ
NDLSH:心的外傷後ストレス障害
一般注記 参考文献: p289-304
索引: p305-310
アクセス:WWWによる
本書は、ストレス理論を基盤としたPTSD(外傷後ストレス障害)理論を、豊富な資料を用いて厳密に検証しようとする試みです。
ストレス理論を基板としたPTSD理論を豊富な資料を用いて検討。政治的背景の中で成立したPTSD理論は一体何を避けているのか?
人間はPTSD(外傷後ストレス障害)理論が考えるよりも強靱であり、強いストレス状況でこそ、人格は向上する。ストレス理論を基板としたPTSD理論を、豊富な資料を用いて検討。政治的背景の中で成立したPTSD理論は一体何を避けているのか?豊富な資料と著者長年の臨床経験に裏打ちされたPTSD理論批判!!ストレスこそ人間を強くする。
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

電子ブック オンライン 電子ブック : electronic bk
Medical Online EBooks

電子リソース
EB00173721

書誌詳細を非表示

データ種別 電子ブック
別書名 表紙タイトル:Post-traumatic stress disorder
異なりアクセスタイトル:加害者と被害者の"トラウマ"
異なりアクセスタイトル:加害者と被害者のトラウマ
分 類 NDC8:493.74
NDC9:493.74
書誌ID 4000032857

 類似資料