このページのリンク

<電子ブック>
ヘレニズム ブンメイ : チチュウカイ トシ ノ レキシ ト ブンカ
ヘレニズム文明 : 地中海都市の歴史と文化 / P・プティ, A・ラロンド著 ; 北野徹訳
(JapanKnowledge Lib : ジャパンナレッジ Lib ; . 文庫クセジュベストセレクション ; 928)

出版者 東京 : ネットアドバンス
出版年 2015.10
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース
著者標目 Petit, Paul
Laronde, André
北野, 徹(1937-) <キタノ, トオル>
ネットアドバンス <ネットアドバンス>
件 名 NDLSH:ヘレニズム
NDLSH:ギリシア -- 歴史 -- 古代  全ての件名で検索
一般注記 原資料の出版事項: 東京 : 白水社, 2008.9
アクセス:WWWによる
作品紹介: 西洋史の基礎知識――アレクサンドロス大王の死からローマによる征服の完了までのヘレニズム時代は、古典期ギリシアとローマ帝国の狭間の過渡期として扱われてきた。これに対して著者は、独創的な文明を築きあげた時代としてとりあげ、この文明をギリシアやローマとの関連で論ずるのではなく、独自の文明として評価するよう迫る。政治・経済・社会の解説にくわえて、アレクサンドレイア、ペルガモン、デロス、ロドスなど、都市ごとに歴史や文化を紹介することにより、時代を活写する。プロフィール: ポール・プティ Paul Petit(1914?1981)長いあいだグルノーブル大学で教鞭をとったローマ史の重鎮。専門はローマ帝政末期の政治家・修辞学者リバニウスの研究。リバニウスのテクストの校訂・注釈本のほか、『リバニウスと四世紀アンティオキアの市民生活』『リバニウスの作品に登場する役人』などの専門書を上梓。プロフィール: 補訂:アンドレ・ラロンド Andre Laronde(1940?) パリ第四大学(ソルボンヌ)教授。リビアのギリシア=ローマ遺跡研究に関するフランスの第一人者。著書に『キュレネとヘレニズム時代のリビア』『絵葉書を通じてのリビア』などがある。

所蔵情報を非表示

電子ブック オンライン

Japanknowledge

電子リソース
EB00104496

書誌詳細を非表示

データ種別 電子ブック
別書名 原タイトル:La civilisation hellénistique
書誌ID 4000113341

 類似資料