このページのリンク

<図書>
ニホンノ ヒガイシャガク. 1
日本の被害者学. {1}
(犯罪と被害者 ; {第1巻})

出版者 東京 : 成文堂
出版年 1970.9
大きさ 300p ; 22cm
著者標目 宮沢, 浩一(1930- ) <ミヤザワ, コウイチ(1930- )>
件 名 犯罪
内容注記 被害者学の成立過程(宮沢浩一) メンデルソーンの被害者学(中田修) 被害者の有罪性(山岡一信) 近親殺人の被害者特性(樋口幸吉) 実子殺しの被害者の一例(阿部忠夫,福水保郎) 粗暴犯の被害者特性(安部北夫等)強姦罪の被害者特性(重森幸雄) 少年強姦事件の被害者特性(泉屋英樹) 少年性犯罪の被害者特性(秋江孝吉) 交通事故における加害者と被害者(橋本重三郎,橘偉仁) 参考文献:p291-300
一般注記 共通の責任表示:宮沢浩一 編
ベンジャミン・メンデルソーン氏近影

所蔵情報を非表示

3F 図書
326.3//Mi89




1005070611

書誌詳細を非表示

データ種別 図書
分 類 NDC:326.3
NDL:AZ
書誌ID 1000066458
NCID BN00447835 WCLINK

 類似資料

 この資料を借りた人はこんな資料も借りています