このページのリンク

<電子ブック>
モウロウシャ トシテ イキテ : ユビテンジ ニヨル コミュニケーション ノ フッカツ ト サイセイ
盲ろう者として生きて : 指点字によるコミュニケーションの復活と再生 / 福島智著

出版者 東京 : 明石書店
出版年 2011.7
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース
冊子体 盲ろう者として生きて : 指点字によるコミュニケーションの復活と再生 / 福島智著
著者標目 福島, 智(1962-) <フクシマ, サトシ>
件 名 BSH:福島, 智
BSH:視覚障害
BSH:聴覚障害
BSH:点字
NDLSH:福島, 智(1962-)
一般注記 博士論文「福島智における視覚・聴覚の喪失と「指点字」を用いたコミュニケーション再構築の過程に関する研究」(東京大学, 2008年) に加筆・修正を行ったもの
引用・参照文献: p489-498
アクセス:WWWによる
私が経験した「喪失」の本質がなにであり、私における「再生」が具体的どのようなものであったか。本書をとおして読者にも、共有していただければ幸いである。
言葉は私たちの目や耳にではなく、魂にこそ従属しているものだと、福島さんは文字通り身をもって立証する。その生き生きとしたドラマティックな過程は、 そのまま今の言語状況に対する批評になっている。 ----谷川俊太郎(詩人)
幼くして視覚を、ついで聴覚を喪失し、深い失意と孤独の中に沈んでいた著者が「指点字」という手段によって他者とのコミュニケーションを回復し、再生するに至るまでを綿密にたどり直した自伝的論文。人間にとって他者とのつながりがいかに大切かが分かる本。

所蔵情報を非表示

電子ブック オンライン : electronic bk
Medical Online EBooks

電子リソース
EB00107324

書誌詳細を非表示

データ種別 電子ブック
別書名 異なりアクセスタイトル:福島智における視覚・聴覚の喪失と「指点字」を用いたコミュニケーション再構築の過程に関する研究
異なりアクセスタイトル:福島智における視覚聴覚の喪失と指点字を用いたコミュニケーション再構築の過程に関する研究
分 類 NDC8:369.27
NDC9:369.275
NDC9:289.1
NDLC:GK54
NLM:WA300
書誌ID 4000033560

 類似資料