このページのリンク

<図書>
メイジ ジョリュウ ブンガクシュウ
明治女流文学集 / 塩田良平 編
(明治文学全集 ; 81-82)

出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 1965.12
大きさ 2冊 ; 23cm
著者標目 塩田, 良平(1899-1971) <シオダ, リョウヘイ(1899-1971)>
内容注記 1-2: 税所敦子篇(御垣の下草抄) 松の門三艸子篇(松の門三艸子歌集抄) 中島歌子篇(萩のしつく抄) 下田歌子篇(雪の下草抄,寂しき宮居) 中島湘烟篇(善悪の岐) 竹屋雅子篇(詠草抄,雲間の月,其折々) 清水紫琴篇(したゆく水) 三宅花圃篇(八重桜,歌人,萩桔梗) 小金井喜美子篇(星,浴泉記,名誉夫人,心づくし) 木村曙篇(婦女の鑑,操くらべ,わか松) 田沢稲舟篇(月にうたふさんげの一ふし,五大堂) 大塚楠緒子篇(離鴛鴦,空薫,そら【ダキ】続編) 北田薄氷篇(乳母) 薮の鴬(宮本百合子) 閨秀小説を読みて(十二角生) 湘煙女史を想ふ抄(相馬黒光) 竹屋雅子について(塩谷泰代) 紫琴女史の片影抄(相馬黒光) お茶の水時代(三宅花圃述,神崎清記) 明治女流作家論抄(塩田良平) 解題(塩田良平) 年譜・参考文献:p428〜449
1-2: 瀬沼夏葉篇(薄命,里の女,余計者、六号室) 国木田治子篇 (破産) 長谷川時雨篇(廿八日,小説雲,落日,小説暗,かつぽれ,マダム貞奴) 森しげ篇(波瀾,あだ花) 小寺菊子篇(赤坂,河原の対面) 岡田八千代篇(絵の具箱,三日,お島) 田村俊子篇(露分衣,あきらめ,誓言,炮烙の刑) 水野仙子篇(四十余日,神楽坂の半襟,輝ける朝) 当今の女流作家(徳田秋江) 女流作家の群(生方敏郎) 長谷川時雨(岡田八千代) 岡田八千代女史の作品(稲垣達郎) 田村俊子の追憶(上司小剣) 水野仙子さんの思ひ出(今井邦子) 明治女流作家論抄(塩田良平) 解題(塩田良平) 年譜・参考文献:p427〜440
一般注記 瀬沼夏葉ほかの肖像あり

所蔵情報を非表示

2F 図書 81 918.6//Me25//81
4480103813 1966

1000062698
2F 図書 82 918.6//Me25//82
4480103821 1965

1000061722

書誌詳細を非表示

データ種別 図書
分 類 NDC:918.6
書誌ID 1000010553

 類似資料

 この資料を借りた人はこんな資料も借りています