このページのリンク

<図書>
キンダイ ニホン ト フランス ショウチョウ シュギ
近代日本とフランス象徴主義 / 坂巻康司編 ; 渋谷裕紀 [ほか] 執筆

出版者 東京 : 水声社
出版年 2016.2
本文言語 日本語
大きさ 404p ; 22cm
著者標目 *坂巻, 康司(1967-) 編 <サカマキ, コウジ>
渋谷, 裕紀(1985-) <シブヤ, ヒロキ>
堀, まどか(1974-) <ホリ, マドカ>
大出, 敦(1967-) <オオイデ, アツシ>
柏倉, 康夫(1939-) <カシワクラ, ヤスオ>
田口, 亜紀 <タグチ, アキ>
西岡, 亜紀(1973-) <ニシオカ, アキ>
岩津, 航(1975-) <イワツ, コウ>
釣, 馨(1965-) <ツリ, カオル>
野村, 喜和夫(1951-) <ノムラ, キワオ>
森本, 淳生 <モリモト, アツオ>
立花, 史(1974-) <タチバナ, フヒト>
寺本, 成彦 <テラモト, ナルヒコ>
件 名 BSH:日本文学 -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
BSH:詩(フランス) -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:象徴主義
NDLSH:日本文学 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
内容注記 フランス象徴主義はいかに日本に移入されたのか : 一八九五年から一九九五年までの歩み / 坂巻康司 [執筆]
蒲原有明におけるフランス象徴詩の受容 : 『有明集』「豹の血」を視点として / 渋谷裕紀 [執筆]
野口米次郎の象徴主義 : 日本文化に見いだされた象徴主義 / 堀まどか [執筆]
魂と形相 : クローデルの日本体験 / 大出敦 [執筆]
堀口九萬一と大學のフランス詩訳 / 柏倉康夫 [執筆]
定型詩からフィクションへ : 中村真一郎におけるネルヴァル / 田口亜紀 [執筆]
福永武彦におけるボードレール : 研究と創作のあいだ / 西岡亜紀 [執筆]
加藤周一とヴァレリー : 知性の仕事としての象徴主義 / 岩津航 [執筆]
萩原朔太郎とボードレール : 感覚と声の詩学 / 坂巻康司 [執筆]
梶井基次郎におけるボードレール / 釣馨 [執筆]
ランボー受容史 : 中原中也から私の詩作まで / 野村喜和夫 [執筆]
「球体」脱出のもうひとつの道 : 小林秀雄における象徴主義の超克 / 森本淳生 [執筆]
マラルメ研究史のなかの田辺元 : 『ヴァレリイの芸術哲学』から『マラルメ覚書』へ / 立花史 [執筆]
寺山修司におけるロートレアモン : 書物からスクリーンへ、スクリーンから街へ / 寺本成彦 [執筆]
一般注記 その他の執筆者: 堀まどか, 大出敦, 柏倉康夫, 田口亜紀, 西岡亜紀, 岩津航, 釣馨, 野村喜和夫, 森本淳生, 立花史, 寺本成彦
内容: フランス象徴主義はいかに日本に移入されたのか, 第一部: 明治大正期における受容(「蒲原有明におけるフランス象徴詩の受容」-「堀口九萬一と大學のフランス詩訳」), 第二部: マチネ・ポエティクの時代(「定型詩からフィクションへ」-「加藤周一とヴァレリー」), 第三部: 創造的受容 -- ボードレールとランボーの場合(「萩原朔太郎とボードレール」-「ランボー受容史」), 第四部: 象徴主義の超克?(「〈球体〉脱出のもうひとつの道」-「寺山修司におけるロートレアモン」), 参考文献, 資料: フランス象徴主義移入の百年, 編者あとがき(坂巻康司), 編者/執筆者について
参考文献: p375-397
フランス象徴主義移入の百年: p398-399
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

2F 図書
910.26//Sa32
9784801001510


5201744180

書誌詳細を非表示

データ種別 図書
別書名 標題紙タイトル:Symbolisme
分 類 NDC8:910.26
NDC9:910.26
書誌ID 2000121159
ISBN 9784801001510
NCID BB20822375 WCLINK

 類似資料