このページのリンク

<電子ブック>
Xセン ト ナイシキョウ ノ ヒカク デ マナブ H pylori イエン シンダン : シンジダイ ノ イガン ケンシン オ メザシテ
X線と内視鏡の比較で学ぶH.pylori胃炎診断 : 新時代の胃がん検診を目指して / ピロリ菌感染を考慮した胃がん検診研究会編集

出版者 東京 : 文光堂
出版年 2018.4
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース
著者標目 ピロリ菌感染を考慮した胃がん検診研究会 <ピロリキン カンセン オ コウリョ シタ イガン ケンシン ケンキュウカイ>
中島, 滋美 <ナカジマ, シゲミ>
件 名 BSH:胃炎
BSH:ヘリコバクター・ピロリ感染症
BSH:放射線診断学
BSH:内視鏡
一般注記 監修: 中島滋美
文献あり
アクセス:WWWによる
ピロ研は,発足以来「Hp感染を考慮した胃がん検診と効率的な胃がん死予防システムの構築」を目標に研究および教育活動を続けてきた。今回,これまでの知見をまとめ,X線と内視鏡,および血液検査などの所見を総合し,「Hp感染を考慮した背景胃粘膜診断」の啓発本を作成することにした。
ピロリ菌感染は胃がんの主要なリスクファクターであり,X線や内視鏡による胃がん診断において,ピロリ菌感染を考慮した背景胃粘膜診断は大変重要である。本書は「ピロリ菌感染を考慮した胃がん検診研究会(ピロ研)」編集による背景胃粘膜診断テキストであり,読者には「1章 診断法」でピロリ菌感染診断の知識について学んだ上で,ぜひ「2章 症例提示」で「ピロ研」名物の参加型の演習コーナーを紙上体験していただきたい。「3章 今後の展開」では胃がん検診の課題と今後の方向性について詳細に解説される。胃がん診断・ピロリ菌感染診断に携わる,消化器内科医,検診医,放射線技師,必携の1冊。
「ピロ研」編集の,X線と内視鏡による背景胃粘膜診断テキストの決定版!ピロリ菌感染は胃がんの主要なリスクファクターであり,X線や内視鏡による胃がん診断において,ピロリ菌感染を考慮した背景胃粘膜診断は大変重要である。本書は「ピロリ菌感染を考慮した胃がん検診研究会(ピロ研)」編集による背景胃粘膜診断テキストであり,読者には「1章 診断法」でピロリ菌感染診断の知識について学んだ上で,ぜひ「2章 症例提示」で「ピロ研」名物の参加型の演習コーナーを紙上体験していただきたい。「3章 今後の展開」では胃がん検診の課題と今後の方向性について詳細に解説される。胃がん診断・ピロリ菌感染診断に携わる,消化器内科医,検診医,放射線技師,必携の1冊。

所蔵情報を非表示

電子ブック オンライン : electronic bk
Medical Online EBooks

電子リソース
EB00148381

書誌詳細を非表示

データ種別 電子ブック
分 類 NDC8:493.45
NDC9:493.45
NDC10:493.45
NLM:WI310
書誌ID 4000121774

 類似資料