このページのリンク

<電子ブック>
ニンチショウ ケア ノ タメ ノ ケア マネジメント
認知症ケアのためのケアマネジメント / 本間昭編著

出版者 東京 : ワールドプランニング (発売)
出版年 2008.10
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース
著者標目 本間, 昭 <ホンマ, アキラ>
日本痴呆ケア学会 <ニホン チホウ ケア ガッカイ>
件 名 BSH:高齢者福祉
BSH:老人性認知症
BSH:ケアマネジメント
一般注記 監修: 日本認知症ケア学会
文献: 章末
アクセス:WWWによる
本章では、認知症のケアマネジメントの特徴、認知症の原因とケアの特徴、いままで用いられてきたアセスメント手法とその比較、ICFとその考え方、認知症をアセスメントする際のポイントについて述べ、代表的な事例を示しながらケアプランの作成過程を示す。
認知症のためのケアマネジメントはなにが、どう違うのか? 認知症ケアのプロが考えなければならないケアマネジメントとはなにか、また、なにをアセスメントしなければならないかを記す。
認知症のケアマネジメントでは,本人のニーズをいかに捉えることができるかがすべてといっても過言ではないであろう.ニーズの考え方や定義はさまざまであり,認知症といっても,一概にくくることはできないが,少なくとも本人が適切に意思表示できにくいという大前提を常に頭においておく必要がある.だからこそ共通の視点をもつことが重要なのである……つまり,アセスメントとはスタッフが共通の物差しで対象者を判断するための手段なのである.(編者「はしがき」より)

所蔵情報を非表示

電子ブック オンライン : electronic bk
Medical Online EBooks

電子リソース
EB00107151

書誌詳細を非表示

データ種別 電子ブック
別書名 標題紙タイトル:Care management dementia care
分 類 NDC8:369.26
NDC9:369.26
書誌ID 4000032557

 類似資料